60代・70代女性のオールインワンジェルクリームと関連化粧品の口コミサイト

60代・70代女性のみんながしているエイジングケアって何をしているんでしょうか。何歳ぐらいから肌がどう変わったか、またそれによって化粧品をどう変えたかなど聞いてみました。

70代の私のエイジングケアは、野菜を多く摂取しています

f:id:svam6479:20170402225812p:plain

70代の私のエイジングケアは、シートパックと野菜を多く摂取する食事です

 

40歳くらいまでは気になりませんでした。

 

50代になってから肌のクスミや目の回りのクロズミなどが気になり、美容液を使うようになりました。

 

基礎化粧品の成分にも気を配り、なるべく自然原料を使用している製品を使っています。

 

現在は、シートパックを使って保湿を心がけています。

 

シートに美容液が含まれている製品なので、使うのも簡単。

 

また、野菜を多く摂る食事をしています。便秘になると肌に悪影響がでるので繊維質は大切です。

 

同時にタンパク質も大切。髪の毛や肌の組成分はアミノ酸なので、牛乳と卵は必須です。

 

肌のキメやハリは、外側からの保湿だけでなく、体内で吸収する栄養分の役割が大きいはず。

 

肌の大敵は紫外線です。部屋の中でも帽子を被ることもあります。

 

外出を控えれば紫外線対策になると思いますが、運動量が減ると代謝率が降下してしまいます。

 

代謝が降下すると肌のターンオーバーも悪くなってしまうので、恐れずに外出しています。

 

血管年齢は、肌や髪の毛の状態を大きく左右します。

 

今、注目されているアマニ・オイルはオメガ3の含有量が多いという話を耳にしました。

 

アマニ・オイルを食物にかけたり、調理に使ったりしています。アンチエイジングは、日常的なスキンケアと食事の配慮なしには考えることができません。

 

紫外線対策、繊維質の多い食物とアマニオイル、シートパックが、主なアンチエイジング対策です。

 

 

f:id:svam6479:20170402230525p:plain

70代の私のエイジングケアは、リフトアップ用のクリームを使っています

 

最初にエイジングケアをしなくは、と思い始めたのが、20年ほど前のことです。


顔のラインが急に変わってきたのを、ある時自覚したんです。


特に目元のたるみに気づくようになって、「これは何とかしなくちゃ」、と、真剣に考えました。

 

メディアから美容マニアの友人まで、色々情報を集めて、最初に使い始めたのが、資生堂の「アクテアハート」でした。


浸透の良い化粧水と乳液が気に入ったのですが、その後まもなく夫が海外赴任になりました。

赴任先では、水質も気候も日本とは異なるので、スキンケアも探して歩くのが一苦労でした。


日本では肌に合っていたものが、湿度の低い気候のもとでは役に立たなかったのです。


その時期使っていたのがRoCのスキンケアでした。


拭きとり用化粧水に、レチノール入りの乳液状美容液と目元用の美容液、それにリフトアップ用のクリーム。


これは、帰国後も使い続け、日本からRoCが撤退するまでは欠かせませんでした。

 

特に気に入っていたのが目元用美容液で、強い刺激があるものの、使い続けるとしわやたるみが確実に軽減されていく、という優れものでした。


レチノール入りのアンチエイジングコスメは一時世界的に流行していたようで、国内外の色々なブランドで出ていましたが、RoCのものが、私には一番効果が感じられました。

 

RoC撤退後は、エリクシールシュペリエルをライン使いしています。


レチノール入りクリームで、個人的にはRoCの次に効果を感じたのがエリクシールシュペリエルだったからです。

 

エリクシールシュペリエルの良いところは、どんどん技術開発の成果を反映していってくれているところです。


数年前に出た、リフトアップ用の美容液とクリームは、ドラッグストアで売っているスキンケアにしては高価ですが、お値段なりの保湿力とリフトアップ力を感じます。